フィン・ユールNo.45

January 18, 2018

今年一つ目の目標が

店内にフィン・ユールのNo.45イージーチェアを置くことでした。

 

⬛️Finn Juhl  (フィン・ユール  /   1912年1月30日 - 1989年5月17日)

デンマークの建築家、家具デザイナー

アルネ・ヤコブセン、ハンス・J・ウェグナーと共にデンマークの近代家具デザインにおける代表的な人物で、数多くの作品を残している。

 

ペリカンチェア(1940年)
ポエト(1941年)
イージーチェア No.45(1945年)
チーフティンチェア(1949年)
アームチェアNo.48(1948年)
アームチェアNV-44(1944年)この世に12脚しか存在しないと言われている幻の椅子 

 

 

さて、No.45 イージーチェアの最大の特徴はアームにあります。

「世界一肘掛の美しい椅子」として知られているほどです。

 

また、シートがフレームから浮いているように見えるデザインや、椅子の後ろ姿が美しい点などもフィン・ユール作品の特徴です。 

 

 

ヴィンテージ品は軽く100万円を越してしまうため、今の私には「高嶺の花」です。

 

カフェに置くとなると

これが精一杯で。。。

リプロダクト品を2脚購入しました。

 

***  リプロダクト製品とは***

版権が切れた製品を正規メーカー以外が製作した製品です。特徴は、価格が安い、品質が低い(座り心地や耐用年数などが全く異なります)、修理・アフターサービスがなく、破損した場合は買い替えが必要となります。 

 

今回オーダーをさせていただいた会社と提携をされている製造会社は、かなりの高品質を作っているらしく、お電話で説明をお聞きした上で決めました。

 

納期は5月です。

待ちます!

 

そして、オーダーしたのは

フレームは1番上のグレードで「ウォールナット」

ファブリックはリネンとコットンの混合生地で、色はダークグレイ。

 

ヴィンテージのNo.45なら、チーク材なんですよねぇ。。。

Kukka Puuの顔とも言える正面入って1番目立つ家具が、チーク材のデンマークヴィンテージチェスト。

このチーク材が良かったのですが。。。

欧米では最高級の家具材として人気を誇りますが、現在は個体数が激減。極めて稀少価値の高い存在となっているため、お値段もそれなりに(^_^;)

 

オーダーした椅子は こちら

*これら写真は会社より掲載するにあたって、使用許可を得ております。

 

 

 

椅子は、ローテーブルと一緒に配置予定。

お飲物をご注文されたお客様(お食事以外)にご利用していただけます。

 

店内のディスプレイも椅子が届く頃には変える予定です。

お楽しみに ♪

 

 

明日は「紅茶のシフォンケーキ」を焼きます。

ご来店お待ちしております♫

 

 

#KukkaPuu

Please reload

最新記事

November 9, 2019

November 1, 2019

Please reload

カテゴリー
​過去記事